1. TOP
  2. 薄毛に関するうわさの真相
  3. インディアンにハゲはいない?って割とマジだった!

インディアンにハゲはいない?って割とマジだった!

薄毛に関するうわさの真相
この記事は約 9 分で読めます。 1,830 Views

こんにちは、ハゲクマです(*´ω`*)

 

インディアンにハゲはいないと言われていますが、

はい、これは結構有名な話でインディアン独自の生活や文化によるものが理由と思います。

参考 http://indiancountrymedianetwork.com/

確かに僕も最初は大げさな話だと思ってインディアンについて調べてみましたが、古いインディアンの絵や海外の文献に出てくるインディアンが描かれた絵を見るとみんなびっくりするくらい髪がフサフサなんです。

一人くらいハゲたインディアンがいてもおかしくないんですが、白人は割とハゲが描かれた絵が多いのにインディアンはいないんです。

もしかするとハゲてないインディアンをたまたま対象として描いてるだけかもしれないんですが、今のところ禿げたインディアンの画像は見つかっていません。

でもどうしてインディアンにハゲはいないのか?

実はこれには二つの理由が考えられるんです。

粗食はハゲに良いのか?

これは僕が海外の山岳地域に住んでた経験で思うことですが、

インディアンに限らず、いろんな国で言えることですが、原始的な生活をしてる国(地域)に行けば行くほどなぜかハゲは少ないんです。

タイなどがわかりやすいのですが、バンコクなどの都心と、僕の住んでた国境沿いエリアは日本とは比べ物にならないくらい生活に開きがあります。

毎日の主食はは野菜と鶏肉がメイン、あとは川で取れた魚と生活で食べるものはほとんどが鶏肉や野菜、魚中心です。

冷蔵庫がない家が多く、牛肉は高く食べる機会も都会と比べてそれほど多くありません。

つまり極端に粗食なんです。

僕は不動産関連の仕事もしてたので日本人が一度も足を踏み入れたことがないような地域にも行くことが多かったのですが、こういう極端に粗食のエリアってほんとにハゲがいないんです。

でも、面白いことにこれが同じ国でも食べ物にあふれた都会になると急にハゲが増えるのです。※タイは国際薄毛ランキングで17位とやや高め

もしかすると欧米のような肉中心の飽食、あふれるほどの食事が髪の毛またはホルモンに何らかの影響を及ぼしてハゲてしまうのかもしれません。

もちろん都会の方が人が多いってこともありますが、比率的にはハゲ率は低いと言えます。

ノコギリヤシという驚異のパワー

そしてよく言われるのはインディアン独自の食文化がインディアンのフサフサの髪を育んでいるという説。

実はインディアンの伝統で体に良いと言われて彼らが飲んでるものがあり、それが「ノコギリヤシ」という植物です。

よくハゲに良い食べ物って「ゴマ」「アロエ」とか「大豆イソフラボン」とかいろいろありますが、

このノコギリヤシはちょっと別次元の物と考えるべきだと思います。

インディアンが薬として用いたノコギリヤシとは?

ノコギリヤシは北アメリカに自生するヤシ科の植物の仲間で滋養強壮・精力回復の効果があるとして薬草のようにこのノコギリヤシの果実をそのまま乾燥させて食べたり、油を搾って調理に使われていたと言われています。

 

ノコギリヤシは最近になって研究が進み、精子を尿道にうまく運んだり、精子に栄養素を与える役割である前立腺液に働きかける作用があることがわかり、前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されています。

ヨーロッパではノコギリヤシは泌尿器系疾患への処方薬として使用されてるほど信頼が高く、さらにインディアンには前立腺肥大になる人も少ないそうです。

またこの作用によって男性機能を回復する効果があるので海外では男性機能のサプリとしても人気があります。

日本ではさんまさんがノコギリヤシのサプリを飲んでることを発言したことで一時期話題になりましたね。

実はAGA治療に使われるフィナステリドももともとは前立腺のお薬として研究された際に薄毛改善効果があったことから薄毛治療のお薬として研究がされ始めたんです。

ではこのノコギリヤシは一般的に髪に良いと言われる食品と何が違うのか?

実はよく薄毛に良いと言われてる食べ物は、髪の毛の材料となったり、髪の栄養源となったりといういわゆる補助的な役割のものが多かったのですが、

このノコギリヤシに含まれるβシトステロール、オクタコサノールには、5αリダクターゼの成分を抑制する機能があるということがわかっています。

そうです、薄毛は5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンが増え、薄毛が進行します。

ノコギリヤシはこの髪を細く、育たなくする、といった薄毛の原因そのものにアプローチするということが他の食品と大きく違うところです。

実はこのノコギリヤシとフィナステリドについて面白い実験結果があります。

AGA(男性型脱毛症)に対するノコギリヤシの効果について、フィナステリド(プロペシア)との比較
http://www.dhcblog.com/kamohara/archive/2432

実際の研究結果 英語版ソース
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508
※Serenoa repensはノコギリヤシのこと

中程度のAGAと診断された患者100名を対象に、

・ノコギリヤシ(320mg/日)投与群(n=50)

あるいは

・フィナステリド(プロペシア)(1mg/日)投与群(n=50

の2群について、2年間の投与試験が行われました。

有効性について、スコアインデックスが24か月の前後で写真判定されています。

解析の結果、発毛/育毛が認められた患者の割合は、

ノコギリヤシ群で38%、

フィナステリド群で68%でした。

 

このような結果がでました。ノコギリヤシを続けた人のうち、38%の頭皮には発毛/育毛の結果があったということです。

実験を見る限りではノコギリヤシは38%の発毛、育毛が認められたのに対して、フィナステリドは68%とフィナステリドの半分くらいしかありません。

では何もしない状態と比べてみるとどうなのか?

別のノコギリヤシに関する実験ではフィナステリドとプラセボ、つまりただの小麦粉を薬と偽って投与した実験比較があります。

この場合育毛・発毛が見られたのはフィナステリド58%に対し、プラセボはわずか6%でした。

つまりノコギリヤシはプラセボ(何もしない状態)と比べると6倍以上の発毛/育毛効果が見られたということです。

インディアンがもし常にこのノコギリヤシを食べていたなら確かにこの効果は期待できるかもしれませんね。

性欲の減退もない

面白いのはフィナステリドと似た作用にもかかわらず、フィナステリドは男性機能を低下させることがあるもののノコギリヤシは精力剤のように扱われていることです。

AGA治療について調べたことがある人ならわかると思いますが、フィナステリドなどは男性ホルモンに影響するために性欲の減退や不能、精子の奇形リスクがあることが知られています。

しかしノコギリヤシはそのようなリスクは報告されていません。

むしろノコギリヤシは精子に栄養素を与える役割である前立腺液に働きかける作用があり、そのため男性機能を回復するということがわかっています。

ノコギリヤシはインディアンの間では滋養強壮剤として飲まれていたもの、僕もフィナステリドは子供に影響する可能性もあると言われていたので、このノコギリヤシエキスに変えましたがちゃんと子供も元気ですし、性欲も全く元気です。

実際にノコギリヤシを使った人の声

ノコギリヤシがサプリでパワーアップ

もちろんこれだけスゴイパワーを持ったノコギリヤシは現在様々な育毛サプリに採用されています。

特に人気のイクオスサプリEXやチャップアップはノコギリヤシだけでなく、亜鉛、リジンなどノコギリヤシだけでは難しい部分をサポートする様々な成分を配合しています。

現在の育毛サプリはこのようにノコギリヤシだけでなく、様々な成分を混合してるものが主流になっています。

チャップアップサプリ

チャップアップは日本で最も売れてる育毛サプリの一つで、ノコギリヤシのほかに亜鉛やフィーバーフュー、その他髪の栄養となる成分など様々な成分を配合しています。

このフィーバーフューは、日本名でナツシロギクと呼ばれる植物で、大阪大学の医師によってその育毛効果が発見されました

僕がミノキシジルを止めてから使用していたのがこのチャップアップサプリでしたが、当初は育毛ローションの方しか使用しなかったので少ししか生えてきませんでした。

その後、ハゲを完全に治した友人から「チャップアップはローションとサプリを併用しないと意味がない」と言われてサプリを飲み始めたところ改善がみられました。

イクオスサプリEX

イクオスサプリEXは成分をリニューアルしてから非常に人気の育毛サプリとなりました。

現在はチャップアップより売れてると言ってもいいくらいです。

イクオスサプリEXはノコギリヤシ以外にチャップアップと同じくフィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)や亜鉛などを配合していますが、特筆すべきはL-リジンを配合していることです。

L-リジンは髪の正常な成長サイクルをサポートし、新しい髪が生えてくるお手伝いすると言われています。
また、髪の毛を抜けにくくして、髪の寿命までしっかり維持するため、毛根に活力を与える効果もあります。

チャップアップよりはるかに多い46種類の成分価格、コスパの点から僕が現在使っているのがこのイクオスサプリです。

 

インディアンは毎日飲んでたからハゲなかったか?

ただ注意してほしいのは実はこのノコギリヤシもフィナステリドも発毛パワーはそこまで高くないということです。

実際にフィナステリドの試験を見たり、フィナステリドでAGA治療をしてる人の声を見ると「大して生えてこない」「長年使ってるが変化がない」という意見がチラホラ出てきます。

本来は薄毛の原因であるジヒドロテストステロンを抑制することがフィナステリドの役目であり、脱毛を防いだりしてくれるものの、毛を生やす効果は少ないため現状維持がほとんどなのです。

どちらも同じだろ?と思われるかもしれませんが実は違うんですね(なのでAGA治療では発毛力のあるミノキシジルを使用するわけです)

よくフィナステリドとミノキシジルはどう違うのか?という質問にフィナステリドは守り、ミノキシジルは攻めという表現が使われますが、フィナステリドは発毛させるパワーよりも脱毛を防いだり、髪の生えてくるサイクルを正しくするパワーが強いのです。

なのでインディアンは毎日食事や油などによって飲み続けることでハゲることそのものを防いでいたと考える方が正しいのかもしれません。

 

\ SNSでシェアしよう! /

キャピシルにハマった僕のフサフサへの道ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャピシルにハマった僕のフサフサへの道ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ハゲクマ

35歳あたりくらいからハゲが急激に進行、オヤジがハゲてたので覚悟はしてましたが想像以上にハゲの進行は早く対策を早めにとった結果なんとか薄毛からふさふさまで復活。
筋トレ大好きで海外生活は8年目です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • フィンジア開始のはずが…イクオス捨てられパニックに

  • 【中国人は薄毛が少ない!】ウーロン茶を飲めばハゲが治る?

  • ミノキシジルって耐性が付くってホント?

  • 大豆イソフラボンって薄毛対策に効果ない?実はエクオールがカギ

関連記事

  • インド人にハゲはいないってホント!食生活を見れば一目瞭然

  • 若白髪や白髪が多いとハゲないってホント?

  • 秋になると髪の毛が抜ける?季節の変わり目の抜け毛に注意

  • 【中国人は薄毛が少ない!】ウーロン茶を飲めばハゲが治る?

  • うぶ毛があるとハゲない?うぶ毛と薄毛の意外な関係とは?

  • タイは育毛先進国なのか?ホントの話