1. TOP
  2. 薄毛に関するうわさの真相
  3. インド人にハゲはいないってホント!食生活を見れば一目瞭然

インド人にハゲはいないってホント!食生活を見れば一目瞭然

薄毛に関するうわさの真相
この記事は約 6 分で読めます。 4,989 Views

こんにちはハゲクマです(*´ω`*)

たまにネットで「インド人にハゲはいない」という話をみかけますが、実際のところこれは噂や都市伝説ではなくて割とホントの話です

インドは僕も行った時に「インドってハゲがやたら少ないな…」と感じた国、さらに海外で僕の住んでた国はインド人の出稼ぎ労働者の集まるエリアが近いこともあり、そこら中にインド人がいましたがやはり彼らもフサフサ。

なぜインド人にハゲが少ないかというとこれはインド人の独特の食文化が関係してるのかもしれません。

インドは薄毛ランキング圏外

世界の薄毛のランキングでもインドは20位圏外ですのでハゲは少ない国と言えます。
日本は14位でアジア一位ですから日本人よりインドの人の方がはるかに薄毛が少ないわけです。

でも、インドの人って濃いひげに濃い体毛とパッと見た感じ男性ホルモンが多そうでハゲやすいんじゃないか?って思いませんか?どちらかというと体質も日本人より薄毛の多い白人系に近い感じもします。

そんなインド人になぜハゲがいないかというと、彼らの文化を調べるとちょっと納得のいくものがかなりあるんです。

※ただし、これは研究結果や検証、データがあるわけではないので、僕のほぼ勝手な独断と偏見で書きますが暇つぶしに見てみてください。

理論的に考えてもインドの食事はハゲ予防にいい食生活であるので参考にしてみてください。

インドは豆料理が多い

インドと言えばカレー料理ですが、カレーといっても、インドのカレーは日本のカレーと全く違います。

インドの場合、カレーというよりもほぼ何かの料理にカレーのスパイスが入ってるという状態です。

そして日本のカレーと大きく違うのはインド料理には豆がふんだんに使われています。

インドの市場に行くとホントに見たこともない豆の種類がとにかくたくさん売られています。
ひよこ豆や大豆、緑色の見たこともない豆の種類があり、その種類は百を超えるともいわれています。

インドカレーは日本のドロドロしたカレーと違ってサラサラしていますがあれは豆を煮こんだりすりつぶしたものです。
これに香辛料を加えて味を調えていくことで独特のインドカレーができるわけです。

大豆などをはじめ多くのイソフラボンを多く含み、薄毛の予防にも良いと言われています。
また豆の種類によっては薬効があるものがあるのでこれらも薄毛に関係してるのかもしれません。

牛肉をほとんど食べない

コレって結構関係あるのかなと思っていますが、インド人って牛肉はほとんど食べないんです。

ご存知かもしれませんがインド人のほとんどはヒンズー教徒でヒンズー教では牛は聖なる生き物なので基本牛は食べません。

インドでも牛を食べる人はほとんどがイスラム教徒の人ですがイスラム教の人でも牛は食べない人も多いんです。

日本に来ると牛肉を食べるというインド人もいますが、基本的にほとんどのヒンズー教徒は牛肉は食べないのです。

実は豚肉も食べません

意外と知らない人もいると思いますが、実はインド人(ヒンズー教徒)は牛だけじゃなくて豚肉もあまり食べないんです。
豚肉を食べないのってイスラム教徒だけと思うかもしれませんが、実はヒンズー教徒も食べない人が多いんです。

ヒンズー教で豚は一応食べてもいいことになっていますが、豚肉そのものは不浄なものだったり、堕落(食べて寝るだけだから)の動物だから食べないという人が結構いました。

ですのでインド料理では豚肉を使った料理はほとんどないんです。

ちなみに余談ですが、日本にいるインド料理のお店をやってる人はほとんどがパキスタン人かネパール人(なぜかインド人は少ない)で、彼らのやってるインドカレーの料理だと豚肉が使われてることがあります。

じゃあインド人はなんの肉食べるのか?

というとほとんどがチキンかヤギの肉もしくは魚です。

インド人はヤギはとにかくよく食べますね。

かわいいと思って撫でていたヤギが翌日には食卓に並んでたことはよくありました。

一部では水牛も食べるという話ですが、私はインド料理で水牛は見たことはありません。

また宗教(宗派)によっては肉そのものを食べないベジタリアンの人も割とインドは多かったですね。

ちなみにインドのヤギはかなり痩せており、脂肪もほとんどありません。脂質を取らないのも何か薄毛に関係してるのかな?とふと思いました。

トウガラシや香辛料を多く食べる

インドといえばカレーというのは書きましたが、ほとんどのカレーにはふんだんに香辛料が使われています、
特に注目すべきはトウガラシです。

実は以前までトウガラシなどの辛い食事を食べるとハゲると言われてきましたが、これは全く根拠はなく、最近ではむしろトウガラシは薄毛改善の食べ物として注目されています。

トウガラシは髪に良い成分であるビタミンA、ビタミンEを多く含み、トウガラシの辛味成分であるカプサイシンは頭皮の血行をよくしたり発汗を促し頭皮を正常に保つとされています。

そして面白いのは大豆などのイソフラボンとトウガラシを同時に取ることでカルシトニン遺伝子という成分が増えることがわかっていますが、このカルシトニン遺伝子が増えるとIGF-1という成分が増え、これらは毛母細胞を活性化することがわかっています。

つまりインド人は毛母細胞を活性化させるハゲ予防の食べ物を普段から食べてるということになります。

これ以外にもインドカレーに使用されるスパイスはデトックス、体の余分な熱をとる、体を温める、整腸、発汗などの効果があると言われています。

独特の食文化がハゲを防いでる?

インド人にハゲはいないというのは単なる迷信でもなく、豆中心の食事、香辛料、と髪に良い食べ物をほぼ毎日食べる生活、さらに髪に悪いと言われる豚肉、牛肉をほとんど食べないというインド独特の食文化を見てみるとインド人にハゲはいないというのはなんとなくわかる気がします。

実はこれらの文化はインドだけではなくイスラム圏も割と似ています。
豆中心、豚や牛の肉を食べないの食生活は中東アジアも同じであり、ここらの国もやはり比較的ハゲの少ない国と言われています。

つまりインド人のように牛肉や豚肉を全く食べない、たくさんの種類の豆料理を毎日食べる、トウガラシやスパイスをふんだんに食べる(インド人の入れる量はかなり多いですが・・)ということをすればもしかするとハゲを防げるかもしれません。

これは真似するのは難しいかもしれませんが、かなり興味深いですよね。
もっとインド人とハゲの関係についてこれからどんどん研究すべき点は多いんじゃないかと思います。

ちなみにインド人ってターバン巻いてるのにムレてハゲないの?って思う人がいたかもしれませんが、インドに行くとほとんどの人はターバンはしていません。

あれは正装だったり、ヒンズーでも一部の宗派の人だけの習慣でターバンしてる人はごく少数の人だけです。

ほとんど見かけないし、確かにすごく暑くてムレるらしいので彼らの髪がふさふさなのかどうなってるかは僕もよくわかりません(興味はありますが・・・)

※今回宗教の話が出てきますが、インド周辺は様々な宗教があり、ひとことでヒンズー教といっても実はもいろんな宗派?のようなものがあり、イスラム教の影響を受けたり、仏教的な考え方をするヒンズー教の教えもあるので、あくまで僕がインドで見てきたものや、インド人のヒンズー教徒の友人に教えてもらった教えをもとに書いてます。

\ SNSでシェアしよう! /

キャピシルにハマった僕のフサフサへの道ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャピシルにハマった僕のフサフサへの道ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ハゲクマ

35歳あたりくらいからハゲが急激に進行、オヤジがハゲてたので覚悟はしてましたが想像以上にハゲの進行は早く対策を早めにとった結果なんとか薄毛からふさふさまで復活。
筋トレ大好きで海外生活は8年目です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • フィンジア開始のはずが…イクオス捨てられパニックに

  • 【中国人は薄毛が少ない!】ウーロン茶を飲めばハゲが治る?

  • ミノキシジルって耐性が付くってホント?

  • 大豆イソフラボンって薄毛対策に効果ない?実はエクオールがカギ

関連記事

  • 若白髪や白髪が多いとハゲないってホント?

  • うぶ毛があるとハゲない?うぶ毛と薄毛の意外な関係とは?

  • 秋になると髪の毛が抜ける?季節の変わり目の抜け毛に注意

  • インディアンにハゲはいない?って割とマジだった!

  • タイは育毛先進国なのか?ホントの話

  • 【中国人は薄毛が少ない!】ウーロン茶を飲めばハゲが治る?